口臭 原因

口臭の原因は?揮発性ガスが原因なの?

 

 

口臭の原因のほとんどは、口腔内の細菌から発生する「揮発性ガス」というものです。口の中が不衛生な状態だと、細菌の数が多くなり、口臭の原因となります。

 

また、一生懸命歯磨きをしても、虫歯があったり、歯周病だったりすると、プラークコントロールが難しくなり、細菌が増えてしまいます。虫歯の治療ずみの歯であっても、詰め物やかぶせた物が合っていないと、そこに細菌がすみついて口臭を発生させます。

 

また、舌の表面についている舌苔(ぜったい)からも、口臭の原因となる揮発性ガスが多く発生します。

 

口の中は、体内でも最も新陳代謝が活発なところです。口の中の粘膜細胞である、口腔粘膜上皮から剥離した細胞も、揮発性ガスを発生させて、口臭の原因になります。

 

 

このように、口の中には、口臭を発生させる原因となる細菌がたくさん存在しています。これらの細菌も、普段は唾液の働きで、自然と洗浄・殺菌されるのですが、体調など、何らかの原因によって、唾液の分泌が減ると、細菌が増えて、口臭の原因となってしまいます。

 

疲労やストレス、強い緊張などや、薬の副作用、加齢によるものなどの他、口呼吸なども原因となって、唾液の分泌を減らします。口腔内を清潔に保ち、唾液の分泌を促すことで、口臭はある程度防ぐことができます。