にんにく 口臭

にんにくの口臭が長い時間残る原因は?

 

 

にんにくの口臭は、食べたあとだけではなく、翌日まで残ることがあり、困りますよね。にんにくの口臭が長い時間残る原因は、臭い成分が口の中や胃の中だけに残っているわけではないからです。

 

にんにくによる口臭の原因は、にんにくに含まれるアリシンという成分です。このアリシンが体内に取り込まれて分解され、アリルメルカプタンという成分に変わります。

 

アリルメルカプタンは、その後血管に吸収され、血液にのって体内を循環し、最後に肺を経由して体外に吐き出されるため、翌日まで、強くにおうのです。ですから、にんにくの口臭をすっかり取り除くことは難しいと思います。

 

 

少しでもにんにくの口臭を解消するには、食事の前後に牛乳を飲むことです。牛乳のたんぱく質が、臭いの元のアリシンを包み込んでくれるため、効果が期待できます。いぬのきもち口コミ

 

また、シャンピニオンエキスでも知られる消臭効果がマッシュルームにあります。マッシュルームを一緒に食べるのも、にんにくの口臭に効果があるでしょう。シャンピニオンは、腸内や血液中で、臭い成分を捕まえる作用があります。

 

 

また、口臭を予防する口臭用のサプリや、口臭ガムも良いと思います。ガムは唾液の分泌を盛んにして、口内を洗浄しますので、口の中に残った臭いには効果があります。

 

にんにくの口臭はあくまで一時的なものですから、応急処置的な対応で乗り切りましょう。