入れ歯

総入れ歯にならないための歯周病予防対策

入れ歯

 

 

歯の健康は口腔内の健康に留まらず、全身の健康に影響を及ぼす可能性が指摘されています。特に歯の健康を脅かす大きな原因のひとつと言われているのが歯周病です。これは、細菌感染によって起こるトラブルです。歯の歯垢内に蓄積した歯周病菌が増殖することで、歯は勿論のこと、歯肉に対しても影響が出てきます。そして最終的には歯槽骨にまで影響が出てきてしまい、こうなると歯は抜け落ちる一方で入れ歯を使用することが余儀なくされます。

 

歯周病に感染していると、それだけで入れ歯になるリスクが高いと言うことです。ですから総入れ歯にならないためにも、各自で歯周病予防に努めることが求められます。

 

予防策ですが、基本的なこととしては虫歯予防同様、歯磨きを丁寧にすることが第一です。特に歯と歯の間や歯と歯肉の境い目などは、丁寧に磨くことが求められます。歯磨きだけでは歯垢の除去が不十分なこともあるので、この場合は歯間ブラシやデンタルフロスなどを利用するのも効果的です。

 

また口腔内が乾燥していると、原因菌は増殖しやすくなるとも言われています。そのため唾液の分泌を促す、就寝時の口腔内の乾燥を防ぐために、デンタルリンスを利用することもひとつの方法です。そして一定の頻度で歯医者にかかるようにし、口腔内の状態を見てもらうのも良いことです。この際には歯周病に関しての相談などもしておくと役立ちます。新宿にも、そのような点検、相談を行っている歯医者は多数、存在しているので、上手に利用することが予防につながります。

 

参照 東京都新宿区の入れ歯専門医院特集|天然歯のように自然で違和感のない入れ歯をお探しなら