口臭 スプレー 作り方

口臭スプレーの作り方?

 

 

口臭スプレーやタブレットを持ち歩く人がとても増えています。携帯に便利で、可愛らしいデザインのものや、いろいろな香りのものがあるので、好みにあったものを選べて、便利ですよね。

 

人に接する仕事の人はもちろん、会議や面談の前、電車に乗る時、食事のあとなどに、シュッとひとふき、口臭スプレーを使ったり、消臭タブレットをなめたりするのは、もう普通のエチケットになりました。

 

 

 

口臭スプレーには、口臭を予防するだけではなく、歯周病や歯肉炎を予防するもの、口臭の原因菌を殺菌するものなど、臭いを元から断つ働きのものもあります。口臭スプレーやタブレットには、カテキンやフラボノイド、ハーブはミントなど、消臭成分を用いて、即効性があるため、急いで口臭を予防したいときに重宝します。

 

 

また、家庭で自分で作ることのできる口臭スプレーの作り方を見つけました。

 

中和作用があり、口内菌が出す酸を中和する重曹を使います。重曹を溶かした水でうがいをすると、口臭にも効果的なのですが、この重層水に、レモンやミント、はっかなどを好みで数滴調合し、携帯用の瓶に入れると、お手製の口臭スプレーの出来上がりです。

 

ただし、口臭スプレーやタブレットは、持続時間が短く、効果も一時的なものです。やはり根本からの口臭予防を考えましょう。